あたし男だけど、男もすなる日記というものを男もしてみんとてするなり


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①金利部分を別処理しない方法
販売時に金利も含めて売上を計上。

②定額法
金利部分を含めず売上計上し、各決算時に金利相当額を期間按分(定額)して受取利息を計上。

③利息法
売上計上は定額法と同様。各利息認識時において金利相当額を受取利息に計上。

例:
売上代金2,000,000に関して、回収期間2年の約束手形を受け取った。手形の額面金額は売上元本額に年利5%(年複利)による金利相当額205,000円を加算した2,205,000円であった。



①金利部分を別処理しない方法
@売上時点
受取手形 2,205,000 / 売上 2,205,000

@決算日
仕訳なし

@満期日
現金預金 2,205,000 / 受取手形 2,205,000



②定額法
@売上時点
受取手形 2,000,000 / 売上 2,000,000

@決算時
受取手形 102,500 / 受取利息 102,500

@満期日
受取手形  102,500 / 受取利息  102,500
現金預金 2,205,000 / 受取手形 2,205,000

※利息の金額は、全額205,000÷2年=102,500←定額で按分するため





③利息法

@売上時点
受取手形 2,000,000 / 売上 2,000,000

@決算時
受取手形 100,000 / 受取利息 100,000

@満期日
受取手形  105,000 / 受取利息  105,000
現金預金 2,205,000 / 受取手形 2,205,000

※利息の金額=
@決算時
 2,000,000×年利5%=100,000
@満期日
 2,100,000×年利5%=105,000



にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ 

応援してもらえると凄く喜びます。

【2013/02/24 02:08】 | 商業簿記(B/S編)
トラックバック(0) |

償却額=
利息配分額-利息受取額


利息配分額
帳簿価額×実行利子率
実行利子率:約定利子率に償却額まで加味した利率

利息受取額
債権金額×約定利子率
約定利子率:債権の名目利子率。年利など。



例:
債権金額50,000円を期間4年、利子率年6%、利払い日年2回の条件で47,000で貸付けた。
債権金額と取得価額の差額は金利の調整と認められ、償却原価法(利息法:実行利子率年8.3%)で処理する。円未満は四捨五入。

①貸付時:
貸付金 47,000 / 現金預金 47,000

②第一回利払日
現金預金 1,500 / 受取利息 1,500
貸付金   451 / 受取利息  451 ※

※47,000×8.3%×6ヶ月/12ヶ月≒1,951
 50.000×6%×6ヶ月-/2ヶ月=1,500
∴1,951-1,500=451



③第二回利払日
現金預金 1,500 / 受取利息 1,500
貸付金   469 / 受取利息  469 ※

※第一回利払日により、貸付金帳簿価額は47,451円
 47,451×8.3%×6ヶ月-/2ヶ月≒1,969
 利息受取額は第一回と同じ
∴1,969-1,500=469



④決算日
仕訳なし
貸借対照表に記載する価額は47,920円。


にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ 

応援してもらえると凄く喜びます。


【2013/02/24 01:26】 | 商業簿記(B/S編)
トラックバック(0) |
【現金】
送金小切手、送金為替手形、郵便為替証書なども現金。

先日付小切手は受取手形勘定で処理。
よって貸倒引当金の設定対象となる。

先日付小切手→受取手形勘定
自己振り出しの回収小切手→当座預金勘定
借用証書→貸付金勘定



【預金】
「定期預金」
満期日が決算日の翌日から1年以内に到来する預金は流動資産。/定期預金勘定
1年を越える場合は固定資産。/長期定期預金勘定


「銀行勘定調整表」
・企業残高基準法:企業残高→銀行残高
加算=企業側の加算項目+銀行側の減算項目
減算=企業側の減算項目+銀行側の加算項目

・銀行残高基準法:銀行残高→企業残高
加算=銀行側の加算項目+企業側の減算項目
減算=銀行側の減算項目+企業側の加算項目


にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ 

応援してもらえると凄く喜びます。

【2013/02/23 13:56】 | 商業簿記(B/S編)
トラックバック(0) |
将来の金額を現在の金額に置き換えること。
計算された金額を割引現在価値という。

【現価係数】
例:10%の場合で3年後に10,000の割引現在価値。

10,000÷1.1÷1.1÷1.1≒7,513円

係数を与えられている場合はそのまま3年後の価値に掛けてしまえばおk。


【年金現価係数】※年金はこの場合、「毎年一定額」という意味。
例:1年後から3年間にわたり、毎年10,000円ずつ受け取ることができる資産の割引現在価値。利子率は10%。

年金現価係数
=(1÷1.1)+{1÷(1.1)^2}+{1÷(1.1)^3}≒2.4868

よって、10.000×2.4868=24.868円。

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ 

応援してもらえると凄く喜びます。

【2013/02/23 13:42】 | 商業簿記(B/S編)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。