あたし男だけど、男もすなる日記というものを男もしてみんとてするなり


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸倒引当金を設定する時に、税効果会計を適用する場合がある。

貸倒引当金繰入超過額(損金不参入額)×税率(実効税率)
繰延税金資産

・発生年度
繰延税金資産 *** / 法人税等調整額 ***

・解消年度(貸し倒れた年度)
法人税等調整額 *** / 繰延税金資産 *** ←要は逆仕訳


ちなみに・・・

繰延税金資産
⇒前払税金。
 短期債権に対するもの・・流動資産
 長期債権に対するもの・・固定資産(投資その他の他の資産)

・法人税等調整額
⇒法人税のプラス項目


にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ 

応援してもらえると凄く喜びます。
スポンサーサイト

【2013/02/28 00:27】 | 商業簿記(B/S編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。