あたし男だけど、男もすなる日記というものを男もしてみんとてするなり


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債権の分類による算定方法は次の3つ。

①貸倒実績率法
⇒一般債権

②キャッシュ・フロー見積法
⇒貸倒懸念債権

③財務内容評価法
⇒貸倒懸念債権、破産更生債権等



①貸倒実績率法
貸倒見積高=債権金額×※貸倒実績率
※(過去の貸倒高÷債権残高)の平均。
 過去3年間の貸倒率の単純平均値が用いられることが多い。



②キャッシュ・フロー見積法
債権金額-※債権に掛かるキャッシュ・フローの割引現在価値
※例えば約定利子率を引き下げた場合、残存期間を当初の約定利子率で割り引いた金額の総額。

例:貸付金10,000、約定利子率4%、残存貸付期間3年で、約定利子率を2%に引き下げた場合。
1年目:200円÷1.04
2年目:200円÷1.04^2
3年目:10,200÷1.04^3
総額≒9,445
∴10,000-9,445=555←これが貸倒見積高



③財務内容評価法
・貸倒懸念債権の場合
(債権金額-担保処分・保障回収見込額)×貸倒設定率

・破産更生債権等の場合
債権金額-担保処分・保障回収見込額

※この場合、以下の仕訳も必要となる。

破産更生債権等 *** / 債権(貸付金等) ***

なお、貸倒引当金を設定するほかに、債権の額から直接減額する処理も認められている。


にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ 

応援してもらえると凄く喜びます。
スポンサーサイト

【2013/02/24 23:54】 | 商業簿記(B/S編)
トラックバック(0) |


カズオ
むむぅ。
資格の勉強かなんかですかな?



バスカレ
> カズオさん

簿記1級です、2級とは天と地の差ぐらいあって挫けそうですww



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
むむぅ。
資格の勉強かなんかですかな?
2013/02/27(Wed) 10:53 | URL  | カズオ #-[ 編集]
> カズオさん

簿記1級です、2級とは天と地の差ぐらいあって挫けそうですww

2013/02/28(Thu) 00:06 | URL  | バスカレ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。