あたし男だけど、男もすなる日記というものを男もしてみんとてするなり


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来の金額を現在の金額に置き換えること。
計算された金額を割引現在価値という。

【現価係数】
例:10%の場合で3年後に10,000の割引現在価値。

10,000÷1.1÷1.1÷1.1≒7,513円

係数を与えられている場合はそのまま3年後の価値に掛けてしまえばおk。


【年金現価係数】※年金はこの場合、「毎年一定額」という意味。
例:1年後から3年間にわたり、毎年10,000円ずつ受け取ることができる資産の割引現在価値。利子率は10%。

年金現価係数
=(1÷1.1)+{1÷(1.1)^2}+{1÷(1.1)^3}≒2.4868

よって、10.000×2.4868=24.868円。

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ 

応援してもらえると凄く喜びます。
スポンサーサイト

【2013/02/23 13:42】 | 商業簿記(B/S編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。