あたし男だけど、男もすなる日記というものを男もしてみんとてするなり


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りに楽器のことを書く気がする・・・

今回は弦を押さえる感覚です。

ウッドベースはとてもじゃないですが、指の力だけでは押さえ続けることは出来ません。手が小さい人ならなおさら。僕自身も女性の手みたいだと言われています・・・

教則本なんかに書いてあるのは
手は自然に丸みを帯びて。ピアノなんかで言われる、卵を包むような形ですね。
指を立て過ぎない。指先よりも、指先と指の腹の中間あたりでしょうか。
押さえていない指は、ポジションのすぐ上で待機させる。指を離す時は真上に離す、ということでしょう。キツいです。
中指と薬指をつける。これは厳密に守らなくてもいいような気がします。練習すれば自然になりますが、これもハーフポジションと1stポジションだとキツいです。
親指に力を入れない、添えるだけ。握り込むな、ということでしょう。親指が自然な状態を保つのを意識するといいと思います。
楽器を体に引き付けるように押さえる。親指に力を入れない、ということに関係してきます。

さて。感覚ということで、やはり一番下の「楽器を体に引き付けるように押さえる」というのが難しいとい思います。
よっこらせっと。
bass.jpg
ペイントで即席ですが・・縦線が楽器です。
何て言うか、こう・・・足に触れている部分を支点にして、ネックを自分の方に反らせるような感覚と言いますか。指や手だけではなく、腕、背筋も使うイメージ・・この説明でわかりますかねーなんだかすいません・・

で、教則本の最初だとハーフポジションで練習と書いてありますが、正直キツくてそんなの意識できねーよ!ってなると思います。
感覚を掴むためにはコツを掴む。コツを掴むためには慣れる。なので、慣れるためにもっと押さえ易いポジションで練習するといいと思います。大体第4ポジション辺りでしょうか。G線人差し指がドの音です。もちろん、もっと高い音でもいいです、自分が無理せず押さえられる場所でいいでしょう。ただし、高音ポジションだと体が前傾してきますので、あまり高すぎるのも問題かもしれません。
練習する時は上記のことも常に意識し、尚且つチューナーなんかも使ってピッチを確認しながら練習しましょう。クリックは必要ありません。
D線が感覚を掴みやすいと思います。もちろん全部の弦で練習することが必要ですが、まずは慣れましょう。
リラックスして弾くことも大切です。親指には力を一切入れないで練習しましょう。親指に力を入れないということは、「楽器を体に引き付けて弾く」という感覚が必要ですので。
あとはもう弾きながら試行錯誤するしかないでしょう。感覚を身に付けるということは一朝一夕では出来ませんので、根気良く弾くしかありません。が、だいたい1、2週間あたりでなんとなくわかってくると思います。

あー「感覚」がゲシュタルト崩壊起こしそうな記事になってしまった・・・


  
スポンサーサイト

【2010/09/12 10:41】 | 音楽・楽器関連
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。