あたし男だけど、男もすなる日記というものを男もしてみんとてするなり


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日に引き続き、今日はデジタルデビル物語 女神転生の続編です!

ではサクっとあらすじを。例によって、みWiki先生から引用。

2036年、20世紀末に発生した最終戦争によって崩壊してしまった東京。地上には狂人や次元の裂け目から現れた悪魔が跋扈し、生き残った人々は明日をも知れぬ日々を送っていた。

一方、平和な京浜第3シェルターに住む主人公と親友は、ある日「デビルバスター」という体感RPGを手に入れる。二人が夢中になってそれを攻略し終えたとき、コンピュータの画面内にパズスと名乗る悪魔が現れた。パズスは自らを神の使いと名乗り、二人が神に選ばれた救世主だと告げる。パズスは東京がバエルという魔王に支配されていることを説明し、主人公には「悪魔召喚プログラム」を、友人には魔法の力を与える。

折しもネットワークを通じて、ついにデジタル・デビルが第3シェルターの内部にも侵入し始める。覚悟を決めた二人は武器庫に保管されていた銃を手にし、30年以上も閉ざされていたエアロックを開いて荒れ果てた地上へと踏み出していった。



ゲームは文中にある「デビルバスター」をプレイすることから始まります。前作を2D画面にしたようなゲームですね。
で、今作からマルチエンディングが採用されています。
女神転生シリーズでは、主人公の属性に会話の選択肢や行動が影響し、エンディングやイベント、パーティー編成に変化があったりします。今回はそこまで深く関わってくることはありませんが。また、メシア教、ガイア教も登場します。そして女神転生では有名な悪魔会話内でのセリフ、「あくまをころしてへーきなの?」も今作から。他にも、噂の電脳悪魔絵師「金子一馬」がデザインを担当するようになったのもこの作品からですし、2Dと3Dマップを取り入れたことからも、後のメガテンシリーズの基礎になった作品と言えるでしょう。

内容としては、やはりハード!あらすじ最後の地上へと踏み出す直前でいきなり手こずります(笑)
世界観としても前作とはうって変わり、某世紀末みたいな感じです。装備品も銃だったり軍モノだったり。
また、会話も増えてゲームにストーリー性も出てきましたし、プレイしやすくなったかと。前作の良い所をそのまま引き継いで、さらにパワーアップさせた正統な続編となっております。

尚、旧約・女神転生ですとⅠからの引き継ぎ特典があります。これ、普通にプレイするだけでは絶対にわかりません!なのですが、やり込み要素としてはすごく重要だったりします(笑)なにせ、この旧約でしか出て来ない悪魔がいたりするんですから・・・


デジタルデビル物語女神転生2デジタルデビル物語女神転生2
(1990/04/06)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


スポンサーサイト

【2010/09/07 10:11】 | ゲーム
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/08(Wed) 09:54 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/08(Wed) 12:45 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。