あたし男だけど、男もすなる日記というものを男もしてみんとてするなり


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、女神転生です。一番好きなRPGシリーズです。

その前にちょいと小話。女神転生の原作は「デジタルデビルストーリー」という小説です。さすがにもう絶版してしまいましたが、加筆修正を加えた愛蔵版が出ています。
愛蔵版 女神転生 デジタル・デビル・ストーリー (fukkan .com)愛蔵版 女神転生 デジタル・デビル・ストーリー (fukkan .com)
(2005/07)
西谷 史

商品詳細を見る

これ。全部で3巻まであるので、興味のある方は読んでみてもいいと思います。読まなくてもゲームは楽しめますが(笑)
その後ビデオアニメが発売され、PC用アクションゲーム「デジタルデビル物語 女神転生」が発売、そしてファミコンで「デジタルデビル物語 女神転生」が出るわけですな。

で、女神転生と言えば「悪魔会話」と「悪魔合体システム」。これ抜きには女神転生は語れないでしょう。このシステムは今も変わらずあります。
悪魔会話はその名の通り、敵として出てきた悪魔と会話をして仲魔(仲間)にするものです。悪魔によって性格があったりしますので、うまく会話をしないと襲ってきたり金やアイテムをぼったくられたりします。
悪魔合体システムは仲魔にした悪魔を合体させて、より強力な悪魔を作るシステムです。女神転生では仲魔はレベルアップしませんので、これを使って強いパーティーを作っていきます。
ちなみに、主人公よりレベルが高い悪魔は仲魔にしたり合体で作ったりできません。この辺りがまた面白い要素の一つなんですねー。

説明が長すぎる・・・やっと本作の話です!


あらすじはWikiから引用。

1980年代後半。天才的なプログラミング技術を持つ高校生・中島朱実は、ひそかに「悪魔召喚プログラム」制作に没頭していた。自らプログラムを組みながらも、悪魔を召喚する目的が見つからない中島は稼動実験を躊躇していたのだが、自分に危害を加えた生徒達に復讐するためプログラムを稼動、人間界に悪魔(デジタル・デビル)を召喚してしまう。しかし、それによって実体化した魔王ロキやセトは、中島の命令を無視して周囲の人間達を襲うようになってしまった。召喚者である中島自身にも危機が迫った時、彼を救ったのが、転校生の白鷺弓子だった。彼女は日本創造の女神・イザナミ神の転生した姿だったのだ。そして中島はその夫、イザナギ神の転生した姿であるという。前世からの深い因縁と絆によって結ばれていた二人は、熾烈な闘いの末に悪魔たちを撃退した。

一方、ロキやセトの消滅によって力の均衡が崩れた魔界では、大魔王ルシファーが人間界征服を目論み、その足掛かりとしてイザナミ神が眠る飛鳥・白鷺塚の真上に大魔宮を建造し始めた。そして、一度は中島たちによって倒されたロキとセトを復活させた上、イザナミ神をその玄室ごと魔宮に封印してしまったのだ。

事態を知った中島と弓子は、囚われてしまったイザナミ神を救うため、そして復活してしまったロキとセト、大魔王ルシファー自身を倒すため、飛鳥の大魔宮に足を踏み入れる。果たして、彼らは再び地上に戻ってこられるのか……。


           nakajima.png  yumiko.jpg

この二人が主要人物です。

多分説明書と同じでしょう。これだけ読むと、暗い少年が復讐のために悪魔を召喚したら困ったことになって、その尻拭いをする。という風に見えなくもないんですが・・・まぁ色々あるわけです。その辺りは原作で。

ゲーム内容としては、とにかくハードです。すぐ死ぬ、情報がない、マップが広い・・・そして3D画面でありながら、オートマッピング機能がない!まぁ、FCですから仕方ないのかもしれません。なので、方眼紙を用意して自分で書いていくしかないんです。その上で、落とし穴だったりワープだったり回転床だったりと仕掛けも用意してるとなっては・・・しかも、イベントのフラグ情報もなかったりします(笑)
今やる分には攻略情報がネットで見れますが、発売当時にクリアした人はすごい!
しかも他のRPGみたいに街らしい街もなく、住人(悪魔)との会話もほとんどありませんので、自分との戦いです。それだけだと面白くもなさそうなのですが、前述した悪魔会話と悪魔合体によって最後まで頑張れるバランスとなっています。文字通り、悪魔との協力ですね。

まだまだ語れるんですが、これ以上だとネタバレになりそうなのでやめておきます(´・ω・`)
今やっても充分やり応えのあるゲームです。FCだとハードがない・・・という人にはSFCでリメイクされた「旧約・女神転生」がありますので、こちらを。
ただ・・どうやらアトラスさんはリメイクを苦手としているのか、FCの方が演出が良かったりします。その代わり、オートマッピング機能が追加されてますので、これは助かります。女神転生Ⅱも入ってます。

でー・・・実は、これまでベラベラ言った自分もこの旧約をプレイしたんですけどね・・


デジタルデビル物語女神転生デジタルデビル物語女神転生
(1987/09/11)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【2010/09/06 11:03】 | ゲーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。